若い世代を中心として仕事に対する深い興味を抱く女性も多くなりました。
結婚してしまうと子供が欲しくなって仕事から離れなければならなくなってしまうのを懸念したり、一人の方が自由で良いと考えたりして独身で生涯を過ごそうとする人も着実に増えています。
仕事に全力を費やしていこうと考えて、スキルアップをするのがこういった女性の特徴です。高度医療の現場で活躍できるようになるために専門看護師や認定看護師の資格を取得する人もいます。そして、実際に活躍できるようなキャリア構築に成功した頃になって、出会いがあって結局は結婚する人も多いのが現状です。独身でずっと仕事ばかりをして過ごしていくのは心寂しくなりがちであり、出会いさえあればやはり結婚しようと考えるのはもっともなことでしょう。
結局は結婚して子供を生み育てる道を選ぶものの、それまでに構築してきた輝かしいキャリアは無駄にしたくないと考える人がほとんどです。速やかに復職して働き始め、看護師として指導的な立場に立って働くようになります。
それまで必死の努力を重ねてきた経験があるからこそ、仕事と育児の両立をするための体力も気力も充実しているのです。構築してきたキャリアだけでなく、基礎的な能力も生かして充実した人生を歩んでいる女性看護師は少なくないのも事実です。しかし、その中でも輝いているような人にはもともとは独身で働くつもりだったという人が多いのが現状となっています。