女性看護師が将来的に出世して指導者としての立場に立ったり、管理職についたりしたいと考えたら復職後に向けたキャリア構築が必要です。いつ子供を生むのかまで周到に計画をし、若いうちの貴重な時間をフル活用するのが成功への道になります。
最先端の現代医療に若いうちに触れておくことが重要であり、大病院への就職を果たすのが第一歩です。そして、5年間の勤務をしたらキャリアアップ支援を受けて認定看護師の資格を取得し、現場で指導的な立場に立てる下地を作るのが万全な準備になります。大病院を選んでおくと現場での必要性から認定看護師の資格を取得するのに必要な費用を負担してくれたり、就学期間中の身分を保証してくれたりする支援があって有利です。
一方、資格を取得したら復職後の基礎はできているため、まだ若いうちに子供を生むのが賢明な判断になります。この際にも育児の支援を受けやすいのが大病院のメリットになり、院内の託児施設を利用して速やかな職場復帰が実現しやすくなるのです。
このようにして出産前後を考慮した計画を立てておくことが、出世を望んでいる女性看護師にとって重要になります。現場復帰をすると予め取得しておいた認定看護師の資格と能力で現場で指導者として活躍できるでしょう。その後に管理職につきたいならさらに勉強してキャリアを構築していく必要がありますが、そのための下地になる資格と経験とを十分に満たせているでしょう。