女性にとって結婚と出産は大きなライフイベントであり、その都度、働き続けるか専業主婦になるかを選ばなければならないでしょう。
看護師として働き始めて、将来のためにキャリア構築をする必要があるかと迷う気持ちが生まれるのも確かです。専業主婦になるのなら今を楽しむか、今稼げる道を選んだ方が賢明だと考えるのももっともでしょう。
しかし、将来の道をどのように考えるかによらず、キャリア構築は行っておくに越したことはありません。看護師として主婦になっても働き続けるという道を選んだら、昇進をしたり、現場で歳をとってもしっかりと働けるようにしたりするために大切な考え方になります。
一方、仕事を辞める決断をして専業主婦になったとしても、また働きたいと考える場合もあるでしょう。再就職をする際にはどのような経験を積んできたかが採用の可否に大きな影響を与えます。また、常勤で働けなくてもパートで働こうと考える人もいますが、その採用にも過去の経験は大きな影響を及ぼします。パートの採用の場合には必ずしも高度な資格を有していることは必要ではありませんが、資格があればプラス効果が得られます。あくまでプラスになるだけであって必須ではないとはいえ、女性の将来を考える上では看護師ならキャリア構築をする視点は持っておいた方が良いものです。どのような将来の道を選んでも後悔しないために、予め準備をしておく視点を持つようにしましょう。